「肌がカサカサして化粧ののりが悪い」

「とても外を出歩ける肌じゃない」

こんな悩みを抱えているあなた。

今回は肌のカサカサの原因と防げる食べ物を紹介していきます。

肌のカサカサの原因

肌のカサカサの原因は大きくわけて次の3つです。

・食生活の乱れ
・生活習慣の乱れ
・加齢

食生活や生活習慣が乱れてしまうと、ターンオーバーの異常に繋がります。

ターンオーバーが乱れると、剥がれ落ちるはずだった細胞が残ってしまうので、水分を維持し続けることが難しくなり乾燥してしまうんです。

また、年齢を重ねれば重ねるほど、ヒアルロン酸などの量が落ちてくるため、保湿力が減少してきてしまうんです。

肌のカサカサを改善する食べ物

肌のカサカサの原因の一つとして、食生活の乱れがありました。

食生活の乱れが起こるとターンオーバーも乱れてしまうということでしたね。

そこで、肌のカサカサを防ぐ食べ物と、逆にカサカサを加速させてしまう食べ物をまとめてみました。

肌のカサカサを防ぐ食べ物

たんぱく質

たんぱく質は肌の潤いを保つために必要な栄養素です。

このたんぱく質は、豆類や肉、魚などからとることができます。

プロテインで効率的に摂取してもOKです。

ビタミンB

ビタミンBも乾燥には欠かせません。
マグロ、カツオ、レバー、にんにくなどから摂ることができます。

オメガ脂肪酸

最近よく聞くようになったオメガ脂肪酸。

これは肌のターンオーバーが改善される期待ができる栄養素です。

イワシや秋刀魚、くるみなどから摂取することができます。

ビタミンA

ビタミンAもターンオーバーを改善してくれる栄養素です。

ビタミンAは、人参やレバー、ブルーベリーからとることができます。

眼精疲労などにも適している栄養素です。

ビタミンC

ビタミンCは言わずとしれた美肌成分。

これはレモンやいちご、ゴーヤなどから摂ることができます。

ビタミンE

加齢の乾燥の方は積極的に摂取した方が良い栄養素です。
アーモンドやピーナッツなどのナッツ類、かぼちゃなどから摂ることができます。

肌のカサカサを促進してしまう食べ物

次はダメな食べ物です。

・お菓子
・インスタント食品
・ファーストフード

これらはなるべく食べないのが望ましいです。

炭水化物や脂分が多いうえに、化学調味料をたくさん使っているので、肌や体内にダメージを与えてしまう可能性たあります。

できるだけ肌に良いものを摂取していくようにしましょう。

肌の保湿はコンシダーマルが有名です。
次のサイトを参考にしてみてください。
【解約で苦情?】コンシダーマルの噂の真相とは?